注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

高級中古車販売店サクセスストーリー【動画学習】

【格言】

ホスピタリティーはサプライズになる。

【この動画から学んだこと】

・お金を持っている人と使う人は別

・本物をわかる人間になれ!

【今後身に着けたいこと】

・信頼を勝ち取るための習慣を身に着ける

 (時間・約束・ルールを守る)そして(大切な人を守る)

すべては経験が宝物

この動画に登場するロペライオの社長は19歳の時に中古車販売を起業したそうです。しかし当時はお金がなかったので、仕入れる資金がなく、仕入れるための資金を購入者から預かって、そのお金で購入していました。簡単にいえば中古車購入代行です。現在では高級輸入中古車販売として、70人の社員で売り上げ72億円を記録しています。すごいですね!

18歳の時に中古車販売の会社で8カ月ぐらいアルバイトをしたそうですが、小さな会社で社長も出勤しないような状況だったので、一通りの仕事をすべてやらされたようです。入社した日から車を売らなければいけなかったなんて大変ですね。

しかし、その経験があったからこそ、今の社長の姿があるのだと思います。

信用が大切

19歳で起業したのですが、お金を預かって中古車を買うということに半数ぐらいの人は怪しいと思ってお金を預けてもらえなかったそうです。確かに大金を預けるわけですもんね。また、銀行にお金を貸してほしいと相談しても、信用がないからお金を貸してくれない状況がありました。

銀行からは、「店舗がないし組織になっていないのであなたの会社には信用が持てない」と言われたそうです。そこで法人を作り、20歳の誕生日に初めてのショールームをオープンさせました。

先見の明

当時はメーターの巻き戻しや事故車といわずに販売することが法的に問題なく、当たり前だったようです。しかし、それらをもっとクリアにして消費者に提供する時代がくると社長は読んでいました。

確かに高級車を購入しようとする人は、少し高くてもそのような安心した車を買うはずですね。社長曰く、世界で壊れない車はポルシェらしいですよ。

実際に社長が28歳の時に、メーター巻き戻しなどが法的に問題となりました。自分の考えていたことに時代がついてきたので、それが自分の考えは正しかったという自信につながっていったそうです。やっていることがうまくいけば自分の自信につながりますよね。

ニーズと事業活動を一致させよう

当時の社会が望んでいたのは、安く輸入車を買うということだったようです。つまり当時のニーズに合わなかったのです。この会社の場合、会社がやっていたことに社会がついてきた感じですが、市場のニーズを正しく読み取って事業を行っていけば、必ずうまくいくはずです。特に短期間で利益を出すためにはニーズを正しく理解することが必要です。

価値の提供(信頼を提供する)

今までは、安いものを探して買っていたかもしれませんが、今では、まず安心できる店を探し、そこで商品を買うように変わっていきました。つまり安心できる店舗かどうか、信頼できるかどうかが大切なのです。そのためには嘘をつかない、適正価格で販売するということが必要です。

この会社の企業理念は、最高の品質とサービスの提供だそうです。はっきりとした目標があることで、どのようなサービスを提供していけばいいのかわかりやすいのです。もちろん、そのサービスの内容も細かく管理しています。また、わかりやすいように数字を使って表現するようにもしているそうです。

差別化の要因

ホスピタリティーはサプライズになるそうです。ホスピタリティーとはおもてなしのこと。おもてなしは十分に行えばサプライズになるのです。この会社では、差別化としてサービス品質をサプライズまで高めることを意識しています。

ファンを作れ!

一般的に専門店になってニッチな分野に取り組んでいくのが業界を長く続けるコツだそうです。大切なのはファンを捕まえて離さないことだそうです。そのためにニーズに合わせて購入する商品の割合や金額を変えたりしたそうです。つまり、時代に合った商品設定をしているのです。

お金を持っている人と使う人は別

今はお金持ちが買う時期だ、または今はお金持ちは買い控えている時期だなどと、時代によって買う客層がかわります。お金を持っているから買うのではなく、欲しいと思っている人がいるから売れるんですね。

本物をわかる人間になれ!

いいものを身に着ける必要はあります。お客様と対等に話をするためには、同じようなものを身に着けていないといけないからです。いいものを買って自分のものにすることで、なぜそれを自分が欲しいと思ったのかなどについて、自分で身につけて体験しながら考えることができます。いいものは借金をしても買って使ってみてもいいかもしれません。

【ロペライオ(1)】高級輸入中古車販売で日本一 19歳で起業した男

【ロペライオ(2)】「グレーな業界を変える!」 早水会長が貫いた志

【ロペライオ(3)】時代に合わせろ! ロペライオの商品・客層戦略

【ロペライオ(4)】高級車を売るための心構え