注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

相続割合ってどれくらい?

みなさん、今日も元気に生きていますね!でも、人はいつ死ぬか分かりません。そんなとき相続が発生しますよね。お金も持っていないから心配ないなんて言わず、少し勉強しておきましょう。

相続とは

相続(そうぞく)とは、ある人が亡くなったときに、その人の財産を特定の人が引き継ぐことをいいます。ここでいう財産とはプラスだけでなく、借金などのマイナスの財産である負債も引き継ぎます。亡くなった人を被相続人(ひそうぞくにん)、相続したものをもらう人を相続人(そうぞくにん)といいます。

相続の割合

相続する割合は法律で決まっており、遺言などがない場合は次のように分配されます。ただし、相続人全員で相談することによって割合を変更することは可能です。例えば、「いつも亡くなったおじいちゃんの世話をしてくれたし、私たちは遠くに住んでいるので、あなたにあげるわ。」というような感じです。

  • 第一順位:相続人が配偶者と子    ⇒ (配偶者1/2、子1/2)
  • 第二順位:相続人が配偶者と直系尊属 ⇒ (配偶者2/3、直系尊属1/3)
  • 第三順位:相続人が配偶者と兄弟姉妹 ⇒ (配偶者3/4、兄弟姉妹1/4)

相続割合の具体例

財産900万円、相続人:配偶者と子が2人

この場合、資産の1/2を配偶者が、子2人で1/2を相続するため、配偶者が450万円、子がそれぞれ225万円ずつとなります。

財産900万円、相続人:配偶者と亡くなった人の父、亡くなった人の弟

この場合、第一順位である相続人と子には該当しないため、第二順位が適応されます。すると、配偶者は2/3、直系尊属である父が1/3となります。第三順位より第二順位が優先されるため、亡くなった人の弟はもらえません。結果、配偶者600万円、父300万円となります。

同時に亡くなった場合

運悪く、親族が同時に亡くなった場合はどうなるのでしょう。基本的には、同日に亡くなった場合でも、死亡した時刻が早い方の相続が先に行われます。例えば次の例を見てみましょう。

財産900万円のAさんには、配偶者と子どもが1人いる。またAさんには財産3000万円の父親と母親がいるとする。

死亡時刻がAさんが先の場合

Aさんとその父親が乗った自動車が交通事故に合い、運悪く2人とも亡くなってしまったとしましょう。Aさんは即死でしたが、父親は病院まで息がありました。この場合、死亡時刻はAさんが先なので、こちらの相続を先に考えます。この場合、第一順位が優先されるため、配偶者が450万円、子が450万円となります。その後、父の相続になりますが、父の相続をするときには、Aさんは亡くなっているため、いないものとします。すると、父の配偶者(Aさんの母親)が3000万円を手にします。

死亡時刻は父が先の場合

では、逆に父が即死で、Aさんは病院まで生きていたとします。この場合、父の相続が先に発生します。第一順位である配偶者(Aさんの母親)が1500万円、Aさんが1500万円です。この時点でAさんは父から相続を受けた1500万円と初めに持っていた900万円をあわせた2400万円をもっています。その後、Aさんが亡くなりますから、2400万円の半分である1200万円を配偶者が、残りの1200万円を子が相続します。

つまり、死亡する順番によってもらえる額が大きく異なるんですね。

死亡時刻も同時の場合

では同時に亡くなったらどうなるのでしょう。つまり、両方即死であったり、どちらが先に亡くなったかわからない場合です。これは次の記事で紹介しますね。