注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

冷凍すればいつまでも持つの?

  • 2019年5月24日
  • 2019年6月12日
  • 料理
  • 190回
  • 0件

1人暮らしのみなさん、こんにちは!

そして、激安スーパーで半額のお肉を買いだめしているそこの奥さん、こんにちは!

安くお肉などを買って、大量に冷凍保存している人っていますよね。

あれって、例えば1年でも2年でももつのでしょうか。

冷凍しても菌は死にません

冷凍すれば菌は死んでしまうとか、動きが完全に止まってしまうとか思っている人がいます。しかし、これは勘違いです。冷凍すると、温度が低いため菌の動きが鈍くなるのです。イメージとしては冬眠しているような状態です。ですから、冷凍していても菌は増えます。増える速度は遅くなるため、保存できる期間が延びるのです。

酸化

菌の繁殖は抑えられたとしても、空気に触れている限り酸化をとめることはできません。空気中にある酸素と結びつくことで、少しずつ味が落ちていきます。特に肉や魚の場合、そこに含まれる油分が酸化することにより、独特の臭い匂いがするようになります。

どれくらいを目安に保存すればいいの?

例えば普通の肉の場合1カ月、ひき肉なら2週間を目安にしましょう。ただし、冷凍されていたものを一度解凍した場合の再冷凍はやめましょう。冷凍やけをして味が落ちるだけでなく、衛生的にも問題があります。野菜の場合、小口切りした青ネギなど、密閉保存することが難しい場合も多いです。野菜も同じくらいを目安に使い切りましょう。

上手な保存方法

保存をするときには酸化を防ぐため、できる限り酸素に触れないように密閉して保存しましょう。冷凍用の保存袋がお勧めですが、しっかりと密着させて保存することができればラップなどでもよいでしょう。

また、冷凍する肉は、新鮮で衛生的なものにしましょう。よく、スーパーなどで半額などで売られているお肉は鮮度が悪いので、冷凍保存は最低限にし早めに使いきりましょう。

お肉を買ってきたら、パックの中にドリップという肉のうまみ成分などがでている薄い赤い液体が入っていることがあります。急速に冷凍をしようとしても、これがあると、温度が急激に下がらず鮮度が下がってしまうため、パックのまま保存することは避けましょう。キッチンペーパーなどでしっかりと水分を取ってから密閉し保存をするようにしましょう。