注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

いつでもどこでも歩行者優先?

横断歩道は歩行者優先

自動車を運転中、横断歩道に人がいたら必ず止まり、歩行者を優先してあげなければいけません。これをしなかった場合、横断歩行者等妨害という違反になり、違反点数は2点、反則金は普通車で9000円、バイクでも7000円が課せられます。取り締まり自体はそこまで積極的ではないようですが、歩行者優先をしなかった場面を見られれば、もちろん言い逃れはできません。(道路交通法第38条第1項)

横断歩道に気付くために

横断歩道の前30~50m程度の場所に、はひし形のマーク(◇←このようなもの)が道路に白い線で描かれています。また、横断歩道を示す青色の三角形の標識もありますから、見落とさないようにします。

横断歩道がない交差点でも歩行者優先?

では、横断歩道がない場所を歩行者が渡ろうとしていた場合はどうなるのでしょうか。道路交通法(第38条第2項)では、車両等は、交差点又はその直近で横断歩道が設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。とされています。したがって、交差点に関しては横断歩道の有無によらず、歩行者が優先と考えられます。生活道路の場合は、交差点がたくさん存在していると考えられることから、常に歩行者優先と考えた方がよいでしょう。

横断歩道がないその他の場所

先ほどの交差点の例ですが、これは生活道路の交差点の場合をいうことが多く、片側2車線以上ある大きい道路などでは、基本的に車の交通量が多いため、歩行者の横断は禁止となります。この根拠としては、道路交通法第13条の「歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない」というところです。したがって、交通量が多い場所では横断自体が禁止となり、横断歩道以外を渡ることは歩行者側に責任が問われる可能性があります。ただし、歩行者が横断歩道以外を渡ることに関する罰則はみつかりませんでした。

安全運転義務違反

このように、歩行者が横断を禁止されている場所もありますが、車両を運転する人には、安全に運転する義務があります。他人に危害を及ぼさないような速度や方法で運転する必要があるため、仮に横断禁止の場所であっても、事故を起こさないように考えながら運転するようにしましょう。仮に、歩行者が悪くても車両と事故をおこせば、少なくとも責任は問われてしまいます。周りの状況を見ながら、今日も安全運転に取組みましょう。